本文へスキップ

    日本最初の天神様

電話でのお問い合わせはTEL.0835-23-7700

由緒・年間行事

御祭神

菅原道真公(すがわらのみちざねこう)
天穂日命(あめのほひのみこと)・・・天照大御神の御子
武夷鳥命(たけひなどりのみこと)・・・天穂日命の御子
野見宿禰(のみのすくね)・・・天穂日命より14代 土師氏の祖

菅原 道真公

平安の古、菅原家は学者の家として栄えておられました。その家柄の中で道真公は菅原是善の子として、承和12年(845)6月25日にお誕生になり、幼名を「阿呼」(あこ)と申されました。幼少より学問に優れ、僅か5歳の時、庭に咲いている梅を愛でられ、「美しや紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある」とお詠みになりました。
その後、18歳で文章生、33歳で文章博士になられ学識を高めていかれる一方で、誠実な政治感覚により時の帝の信任も篤く、高位高官へ昇られ、55歳の時に右大臣に任じられました。しかし時の権力者である藤原氏による讒言により無実の罪を着せられ、昌泰4年(901)1月25日、九州大宰府へ左遷されることになりました。その際御自宅の紅梅殿の庭にて「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と和歌を詠まれて、永く親しまれた梅の花に別れをお告げになりました。
左遷より2年の月日が経った延喜3年(903)2月25日大宰府にて無念の思いのまま薨去されました。そこで亡骸を牛車にお乗せし引かせたところ牛が伏せて動かなくなりました。人々は「きっとここに葬って欲しい」という道真公のお気持ちの表れであると思い、その地(今の太宰府天満宮)に葬りました。
薨去後、都では天変地異が続き左遷に関わった者達が次々に亡くなりました。人々は道真公の怨霊の仕業に違いないと畏れ、御霊魂をお慰めするため京都の地(今の北野天満宮)に神としてお祀りしました。
道真公と梅と牛にまつわる伝承は数多くあり、そのことから全国の天満宮では境内に梅が咲き誇り、牛は天神さまのお使いとされ、臥牛が天神さまの鎮まる場所を表すシンボルとなっています。

日本最初の天神様

防府天満宮は日本で最初に創建された天神さまです。道真公は、九州大宰府への西下の途中、時の周防国(山口県)国司である土師氏(道真公と同族)を頼り、本州最後の寄港地となる防府の勝間の浦に御着船になり、「此地未だ帝土を離れず願わくは居をこの所に占めむ」(解釈:この港を出発すれば次はいよいよ九州であるが、この防府の地は天皇のいらっしゃる京の都とまだ地続きである。願わくはここ松崎の地に住まいを構え「無実の知らせ」を待っていたい。) と願い九州へと旅立たれました。大宰府にて薨去されたちょうどその日、防府勝間の浦に神光が現れ、酒垂山(現・天神山)に瑞雲が棚引き人々を驚かせました。国司を始め里人たちは道真公の御霊魂が光となり雲となって「此地」に帰ってこられたと悟り、翌年の延喜4年(904)道真公の願われた通り、御霊魂の「居」を「この所」である松崎の地に建立して「松崎の社」と号しました。道真公をお祀りした神社は全国に約1万2千社ありますが、当宮創建をもって「扶桑菅廟最初」日本で最初に創建された天神さまと称しています。

年間行事


釿始式 1月5日

建築業界の仕事始めであると共に工事安全の祈りが込められ、また天満宮の営繕事業が無事に行われるように祈願する神事です。先ず拝殿前に於いて祭典があり、次いで正面中央に直径約40p、長さ約4.5mの檜材の御丸太が置かれ、大工により「丈量の儀、墨指の儀、墨打の儀」があり、終わって棟梁が釿を執り「釿打の儀」を行います。最後の作法の中の釿打ちの時、今までの静寂を打ち破るかの如く釿打ちと同時に「エイー」と一声を上げ、木の魂を鎮めます。
弓始式 1月第二月曜日


この神事は菅公が若き日に漢学者、都良香の庭において射的を行い百発百中の腕前であった故事に倣ったもので、公は学問のみならず武事にも長じ給ひし事に起因し、併せて社殿及び境内の邪気を打ち祓う神事として連綿として執り行われてきました。未来を背負う若者たちを激励する意味も加えて、新成人の方々にご参加いただき邪気祓いの弓始の神事を成人の日に執り行っています。

節分祭 牛替神事 (生牛の当たる籤)
2月2日・3日


牝、牡の生牛、純金、純銀、銅製の牛置物をはじめ市内外の商店、企業より数千点の豪華景品をご協賛戴き抽選を行う開運招福を祈る神事。みごと生牛を引き当てた人はこの年の御神幸大祭に供奉する神牛役として御網代輿を曳かせる役目が得られます。市内商店街で手にいれられた牛替券は、2日3日に境内で番号券に替えていただきます。
詳細はこちらです。

梅まつり 2月中旬〜3月上旬

天満宮には約16種類1100本の梅樹があります。
「梅は天神様のシンボル」
境内一杯に咲き誇り、ふくよかな香りで包まれる春の日に多くの方に楽しんでいただくために開催いたしております。詳細はこちらです。

人形感謝祭  3月1日〜5日

2月11日から2月28日まで、捨てがたい雛人形やぬいぐるみ等をお預かりしています。持ってきていただいた人形は大小1500個以上にもなり、回廊内の雛壇に所狭しと飾られます。そして3月1日に祭典を行い、お祓いの済んだ人形やぬいぐるみを「もったいない、是非大切にしたい」という方に、里親としてお譲りしています。詳細はこちらです。
御正祭 3月31日


菅公の薨去は延喜3年陰暦2月25日でその年の陽暦は3月31日です。当宮では毎年この日に、平安時代の古代食を御神前に奉献し、公の時代をお偲び申し上げ御神霊をお慰めしています。

新入学児童勧学祭  4月1日 


今年小学校に入学される児童の健康とこれから始まる9年間の義務教育の学業成就、また登下校の交通安全を祈りランドセルの御祓いをします。祭典の後に、学業成就の御守をお渡しし、絵馬にお願い事を書いて頂きます。詳細はこちらです。

幸せますウィーク  5月1日〜5日  

お茶と灯りのコンサートと題し、お茶室「芳松庵」を夜間特別に開放します。期間中、大石段に花を用いた装飾「花回廊」を実施。約1000鉢の花々を並べ、花文字で【幸せます】のロゴを表現。また、表参道石灯篭に夜間ロウソクを灯します。
詳細はこちらです。
  
金鮎祭  5月15日  

菅公が太宰府へ向かう途中、当地の勝間の浦にお立ち寄りになられた際に、この地の人々に厚くもてなされて、感謝の気持ちとして金の鮎12尾を国司の土師信貞へ託されました。その後、信貞はこれを御神前に納めましたが、3度の火災に遭い焼失してしまいました。平成14年に金の鮎12尾を復元。平成23年菅公御着船1110年を記念して、御縁深い周防国分寺住職と共に神仏合同奉仕で佐波川の若鮎を御神前にお供えします。
御田植祭・夏越神事   6月30日 

御田植祭は末社、老松社・若松社の祭りで、御田植をする古来よりの五穀豊穣祈願神事です。夏越神事は、「輪くぐり」とも云われ、祓清めた藤葛の輪をくぐり抜けることにより、罪穢を祓除き、清々しい身体で、神様より瑞々しい息吹を戴き、暑い夏を無事のりきろうとする神事です。

輪は一般に茅で作りますが、当宮では茅と同様の強い生命力を持つ藤葛を使います。神職・巫女・参拝者全員が輪をくぐり抜け終えると、藤葛を持ち帰り、近所の新築・結婚・出産等の慶事のある家に供える風習が伝えられています。詳細はこちらです。

七夕まつり  7月1日〜7日  


平成25年の御神忌1111年を記念して斎行。期間中、境内回廊内に立てられた笹竹に短冊を奉納していただき、7月7日の七夕祈願祭において祓い清めます。また、社殿裏に古来より夫婦和合の霊験あらたかな老松社若松社、恋愛の御利益があるLOVE神社の石碑等の夜間ライトアップもおこないます。
詳細はこちらです。

     
御誕辰祭(夏祭り) 
8月3・4・5日
 


菅公の御誕生日は承和12年陰暦の6月25日で、その年の陽暦は8月5日にあたります。毎夜、ろうそくの明かりが参道を優しく照らし、5日には約4000発の花火が打ち上げられます。子ども樽神輿、柔剣道大会、弓道大会、大茶碗お茶会や夫婦円満祈願祭、餅まきなど種々の神賑行事が催され、菅公の御生誕を御祝い致します。詳細はこちらです。

花神子社参式  10月第二日曜日


御神幸祭に供奉する大・小行司がその所役を無事に果たせるように祈願するため、一夜づくりの御酒を花神子に持たせ奉献する社参式。当日は愛らしい稚児達が花籠、御所車に乗り、大名行列を思わせる奴、長持などお供に従えて行列を組み本陣から社殿まで半日かけて歩きます。詳細はこちらです。

御神幸祭 11月第四土曜日

年に一度の御祭神菅原道真公の御旅行で、天満宮でもっとも大きなお祭。
このお祭の為に一年を通し様々なお祭が行われます。当日は5000人の裸坊が市内にあふれ、夕刻より巨大なお網代を引き、二体のお神輿をかつぎ、菅公御着船ゆかりの地勝間の浦(御旅所)までを往復する西日本屈指の荒祭です。
詳細はこちらです。
 合格はちまき洗濯  12月15日


当宮では新年を間近にした毎年12月中頃、返納された「はちまき」を洗濯してアイロンをかけ、先輩たちの努力と汗が染み込んだ縁起のよい「合格はちまき」として希望される方に無料で差し上げています。

巫女たちも寒い中、受験生がこの「合格はちまき」をしめて最後の追い込みをかけ、見事に栄光をつかんで戴きたいとの願いを込めて洗濯しております。
詳細はこちらです。

 

information情報

防府天満宮

〒747-0029
山口県防府市松崎町14−1
TEL.0835-23-7700
FAX.0835-25-0001

→アクセス